顧客との長い付き合いにおけるLTVの重要性

LTV分析を利用して収益を増やそう

LTVは「Life Time Value」の略称で日本語では「顧客生涯価値」という意味があり、企業や組織と取引する間において顧客がその企業のためにどれぐらいの利益に貢献するかを測るものです。企業が販売する物品を顧客が1回だけではなく2回以上継続して購入してくれるような顧客と継続的な関係を築き上げることが大切で、他の商品や新しい商品が発売される度に購入してくれればその顧客は非常に重要な存在になります。顧客に継続して選ばれるようLTVを最大限にする必要があるのです。LTVは購入した単価と購入した回数を掛け算することによって導き出すことができます。

LTVを向上させる方法

LTVを向上させるにはさまざまな方法があり、例えばネットで買い物する場合初めて購入してから2回目の購入を促すために、商品発送の連絡や到着後のお礼のメッセージなどを送る方法があります。少しタイミングを開けてから新商品を紹介したり、さらなるコミュニケーションを図ったりして、これを何度も繰り返しながら顧客の関心を引いたり購買意欲を引き上げることによって最終的に定期的な購入をしてもらえるような体制を作っていくのが理想です。購入してくれた人をほったらかしにしないことが大切で、ダイレクトメールやカタログなどで顧客との関係を繋げていきましょう。「3回で安定し10回で固定する」と言われていて、LTVの高い顧客が増えればリピーターになり企業にとってメリットがあります。

顧客LTV最大化のためには、事前の情報分析と精査がとても重要なポイントとなってきます。中期・長期的なスパンで技術を高めていく姿勢が大切です。