まずは基本を抑えて!業務システム構築のカンドコロ

SEになったらどんな仕事をするの?

あらゆる物事のデジタル化を背景に、システムエンジニアは近年需要が増大している職種です。システムエンジニアとは、顧客の業務をシステム化して業務改善を目指す仕事です。プログラムを書いているイメージがあるかもしれませんが、お客様との対話もメインの仕事の一つです。新しいシステムの開発が決まれば、お客様に業務内容をヒアリングすることから始まります。業務の流れや改善したいポイントをお客様と一緒に探っていきます。時にはお客様が自身の課題に気づいていないケースがあるので、システムエンジニア側から改善提案を出すことも。業務システムを組むだけでなく、業務改善という付加価値を提供できる素敵な仕事です。

業務システム開発のキモ

業務システム開発では始めの工程の良し悪しが、後に続く工程のスケジュールやシステムの品質を左右します。システムの品質が悪いとお客様からの評価が下がります。システム開発の初期段階でミスのないように作業管理してきましょう。開発の最初の工程では、お客様の業務内容を明文化する作業を行います。開発するシステムの動作条件や機能を整理していくのです。この段階で検討漏れがあると、後のスケジュールに大きく響きます。ミスを防ぐため、仕様を策定する段階ではお客様にも入って頂き、仕様に同意してもらう必要があります。仕様が決定してから後付けで機能追加をお願いされると、予算もスケジュールもずれてお互い不利になるため、お客様とシステムエンジニア同士で仕様を握っておくことが大切です。

notesのバージョンアップの際に、データーベースがたくさんある場合は、式やLotus Scriptの書き直しが必要になり大変な工数がかかります。専門業者に任せるのが得策でしょう。